生活動線を取り入れて過ごしやすい家をつくろう|注文住宅で自由設計

動線を重視した間取り

家

動き次第で生活が楽に

注文住宅は好みの間取りが実現できるため、こだわりを持つ人には人気です。埼玉でも間取りにこだわった注文住宅の依頼は多く、メーカーや工務店側が希望に沿えるように努力してくれます。最近では動線にこだわった間取りが人気を集めるようになり、いろいろな工夫が取り入れられています。動線とは、人が目的別に動きやすくした通路を言い、間取りに取り入れることで無駄な動きが軽減されて楽になります。このような動線が注目される理由は、家事や育児を少しでも楽にするために動きやすさが求められるようになったからです。無駄な動きが減ると、結局は時間の短縮につながり、体力的にも負担が減ります。注文住宅を望むような場合は、小さな子供を持つ共働き家庭が多いことから、生活を優先させたところがあるのです。こういった背景から、埼玉にある注文住宅に関わる業者でも、動線を意識した間取り作りが積極的に行われています。

キッチン中心の動線

埼玉の業者でよく依頼されるのが、キッチン周りを中心とした動線の間取りです。キッチンは毎日そこで作業をする人も多いため、その場所から何通りもの通路が作られている間取りが喜ばれます。具体的には、キッチンから洗濯機のある洗面所へ、そしてキッチンからリビングや玄関にすぐにいける通路が挙げられます。最近の間取りは、キッチンの隣に洗面所があるパターンが増えてきています。これは、キッチンで作業をしながら同時に洗濯をしたい場合に移動が大変楽となるので、注文住宅以外でもよく見られるようになりました。リビングにすぐ行ける間取りは対面式のキッチンがあり、玄関にもそのまま行ける通路は小さな子供を持つ家庭には特に便利です。玄関への通路は、子供の送り迎えや自身の出勤や帰宅に備えた工夫となり、慌ただしい時間帯でも落ち着いて行動ができるようになれます。以上のように、何通りもの通路が存在することで室内の移動が苦になりません。埼玉の注文住宅に関わる業者は、依頼者の家族構成から間取りのアドバイスもしてくれるためとても頼りにできます。